コミック 書籍

コミック 書籍
「ワーカーズ ダイジェスト」を紹介しましょうかね。
この書籍は芥川賞ライターの津村 記久子さんが描く長編小説です。
簡単なあらすじとしては、お肌のくすみ、気になる薄毛、周りの評価、人間関係と色々なことが気になり始めた32歳。
思ったよりも希望も欲望も薄れていく歳なだけにどこか無気力な空気感が漂います。

そんな誕生日と苗字までも同じの32歳男女が偶然知り合い、知り合ってからの1年間をユーモラスに描く長編小説です。

東京の建設会社に勤めるサトウくん。
大阪のデザイン事務所に勤め、副業でライターの仕事をこなすサトウさん。

偶然に共通点がある2人はどこかで繋がりを感じながら生きていくわけですが、この描写がとにかくリアル。
まるで2人の頭の中を覗いてるかのような描写にドキドキというよりは、ふむふむといった感じでしょうか。

生活環境もどこか暗く、希望が見えない、何かどよどよとした空気感を言葉で表現するのはさすがだと思いましたが、あまりもリアルだったので最後まで読み切れるか心配でした。
部屋の風景、仕事、様々な描写がはっきりと頭の中で想像できるのはさすが津村さんと言った感じ。

だけど読み終わった後はどこかに幸福感が残っている…そんな不思議な津村ワールドに引き込まれた名作だと思います。
生きる希望が湧いてくるというよりは、これで良いのかと思わせてくれる作品。
同年代には特にオススメの書籍です。